Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!

【カンボジア経済】カンボジアからRCEP諸国への輸出が上半期10%増加!!輸出コストの課題はあるものの堅調に推移

カンボジア
スポンサーリンク
スポンサーリンク



地域包括的経済連携(RCEP)加盟国へのカンボジアの輸出は、今年上半期に32億8000万ドルに達し、昨年の同時期の29億9000万ドルから10%増加したと商務省のデータが示しています。

Kingdom’s exports to RCEP countries up 10% H1 - Khmer Times
Cambodia’s exports to the member countries of the Regional Comprehensive Economic Partnership (RCEP) amounted to .28 billion in the first half of this year, u...



今年上半期カンボジアの上位3つの輸出先はベトナム、中国、日本で、それぞれ11億7,400万ドル、6億1,200万ドル、5億4,200万ドルの製品を出荷しました。
商務省次官であるPenn Sovicheatz氏は”RCEP協定は、今年の最初の6か月で王国の輸出の伸びに貢献した”と述べています。


RCEPとは日本・中国・韓国・ASEAN10ヵ国に、オーストラリアとニュージーランドを加えた15カ国が参加している、自由貿易の協定のことです。
世界最大の貿易圏として国内総生産(GDP)は26.2兆ドルで、これは世界のGDPの約30%、世界の貿易の28%、世界の投資の32.5%に相当します。


カンボジアから世界への輸出は増えている一方で、カンボジアの輸出コストにはまだ課題が残ります。
カンボジアの40フィートコンテナの手数料はタイやベトナムの近隣諸国の2倍で、輸出通関手数料は近隣諸国と比較して4〜5倍高いと世界銀行の報告書で発表されています。

‘High logistics cost can harm Cambodia’s export capabilities’ - Khmer Times
The handling charge for a 40-foot container in Cambodia is double that of neighbouring countries of Thailand and Vietnam.



カンボジアの経済復活、経済成長に貿易は欠かせません!!
輸出額が増え貿易赤字も縮小傾向ですのでこれからのカンボジア貿易には注目ですが、目の前の課題を解決し一歩ずつ堅実に成長していく過程も追っていければと思います。


それではまた!!

タイトルとURLをコピーしました