Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!

勉強する

ニュース速報

【カンボジア経済】一瞬で100億ドルUP!?IMFはカンボジアのGDPを新たに2014年を基準値とした数値に改定

国際通貨基金(IMF)は2024年4月の世界経済見通しの中で、カンボジアのGDP数値の計算の基準年を2000年ではなく2014年として計算した数値を受け入れ、経済規模が以前のGDP計算より35%拡大していることを示しました。 アジア開発銀行...
不動産

【カンボジア投資】首都プノンペン14区の人口の推移を国勢調査のデータを基にまとめてみた

カンボジアにビジネスで進出したり投資をする際に「どこに」「どのくらい」の人が集まっているか確認することはとても大切だと思います。特に、2035年までに人口600万人を目指している首都プノンペンは、これからカンボジアの経済発展の中心として存在...
ニュース速報

【カンボジア経済】大きな経済効果をもたらすか!?フナン・テチョ運河プロジェクトの期待と懸念点

フナン・テチョ運河プロジェクトは、カンボジアの経済発展と戦略的地位向上を目指す大規模な計画です。現在、カンボジアは中国からの原材料の輸入や米国や西側諸国への商品の輸出においてベトナムの港に大きく依存し、それには大きなコストがかかっています。...
不動産

【カンボジア視察】写真で比較!!プノンペンの中心地と郊外の街並みの変化を見ていく

カンボジアはここ10年で大きく経済成長してきた国です。パンデミックの影響で少しばかり成長は足踏みしましたが、経済回復は世界を見渡しても順調な方かと思います。また、2024年、2025年の経済成長率予測ではどの機関の予測を見てもカンボジアは1...
ニュース速報

【カンボジア経済】チャイナ・プラスワン戦略の生産拠点としてカンボジアに注目が集まる

ドイツ経済新聞が発表したカンボジアの経済的可能性に関する最新報告書によれば、多国籍企業が米中貿易摩擦の影響を緩和し、サプライチェーンを強固にするために「チャイナ・プラス1」戦略を展開しており、その中でカンボジアが新たな機会を提供する可能性が...
ニュース速報

【カンボジア経済】経済特区(SEZ)がカンボジアの発展に大きく貢献している

経済特区(SEZ)はカンボジア経済の発展に重要な役割を果たしています。SEZは中国が70年代後半に経済特区制度を導入したことを起源とし、中南米からサハラ以南のアフリカまで急速に広がり始めて、カンボジアでは2005年に法的枠組みが確立されまし...
ニュース速報

【カンボジア経済】文明後退からの復興。四半世紀で一気に押し寄せたカンボジアの産業革命

2023年12月の時点で、カンボジアの産業環境は異例の急成長を遂げており、合計40,840の工場が存在します。政府の政策で州全体で工場や企業の設立を促進するための協調的な取り組みを促すことにより、近隣のコミュニティに雇用の機会と生計手段を創...
ニュース速報

【カンボジア経済】後発開発途上国(LDC)の地位の卒業で関税譲歩がなくなった時、カンボジアの自力が試される

カンボジアは2027年までに後発開発途上国(LDC)の地位を卒業し、より競争の激しい世界に参入する準備を進めています。また、2030年までに上位中所得国の地位を獲得し、2050年までに高所得国の地位を獲得するとが期待されています。上記は前向...
ニュース速報

【カンボジア経済】持続可能な成長へ!!カンボジアの成長には各産業内の多様化が不可欠

カンボジアが今後数年間の成長を確実にするためには、各産業内の多様化をさらに進めることが依然として必須である、とアジア開発銀行(ADB)の元役人の地域経済学者が意見を述べた記事がりました。2030年までに上位中所得国、2050年までに高所得国...
不動産

【カンボジア金融】高額取引の際の安全確保に!!ABA銀行のエスクローサービスについて調べてみた

国内最大の商業銀行として知られるABA銀行は、急成長するカンボジア経済で高額の取引を行う人々にさらなる信頼を築くことを目的として信託規制当局から受託者ライセンスを取得したと発表しました。 これにより、ABA銀行は正式に認可を受けたエスクロー...
タイトルとURLをコピーしました