【カンボジアで働く】カンボジアで転職した男が、日本企業・日系企業・現地企業を比較してみた!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



カンボジアの日系企業を退職し、カンボジアの現地企業へと転職して早くも2ヶ月が経過しました。


日本の企業、カンボジアの日系企業、カンボジア現地企業を経験したので、それぞれを比較して行こうと思います。


経歴としては、


新卒で日本の総合不動産会社に就職→アルバイト→日本の建設会社→カンボジアの日系不動産会社(現地採用)→カンボジア現地バス会社


こんな感じです!


私が入社した会社はカンボジアで約20年続く企業で、内戦の影響もあり業界では老舗企業です。


それでは比較していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

・会社内の日常風景



日本企業の場合
黙々とパソコンとにらめっこで営業メール、空元気で営業電話。
お昼ご飯の時間:10分。


カンボジアの日系企業の場合
みんなでおしゃべりをしながら楽しくお仕事、たまにマンゴーくれる。
お昼ご飯の時間:30分〜1時間。


カンボジア現地企業の場合
スタッフが散歩にいって居なくなる、いつもマンゴーくれる。
お昼ご飯の時間:1時間〜1時間半。


カンボジアの会社では基本的にマンゴーが出てくるようです。
マンゴーの頻度は会社が外資系か現地かで変わるようです。
現地企業のランチ時間はカンボジアタイムが適用されているようです!笑

・上司や社長との関係



日本企業の場合
上司の言うことは絶対。


カンボジアの日系企業の場合
日本にいる社長とよく連絡をとるから社長とTEL友になれる。


カンボジア現地企業の場合
会長と毎日ミーティング。会社のTOPオブTOPと話せるから、企画が通りやすい。


現地企業では正直、日本人ということだけで期待されている感じがします。
経営側に絡めるので、日本にいた時より沢山勉強しています。
20代の若者に意見を求めてくれる会社っていいですね。

・給料面



日本企業の場合
新卒だけど毎月30万円もらった。


カンボジアの日系企業の場合
現地採用だから毎月8万円弱(現地語も英語も喋れない)
※平均月収3万円くらい

カンボジア現地企業の場合
毎月16万円くらい(英語ちょっと話せる)


カンボジア国内でキャリアアップ転職ができるとは思っていませんでした!笑
しかも、現地企業に。
現地企業に転職するときは、即断即決即行動が大切です!

・就業時間



日本の企業
8:00〜20:00 週6日


カンボジアの日系企業
8:00〜17:00 週5日たまに週6日


カンボジアの現地企業
9:00〜19:00 週6日


これに関しては会社によると思います。
一応時間は記載しているものの、カンボジアに来てからは割とフレキシブルに働いています!
特に時間に縛られている感覚はないです。

・社員のレベル感



日本企業の場合
平均80レベル


カンボジアの日系企業
平均50レベル(マネージャー80レベル)


カンボジア現地企業
平均30レベル(マネージャー50レベル)


こんな私がレベルで評価するのはおこがましいですが、参考までにと言う感じです。
カンボジア現地企業だと、日本で働いていた時とのギャップがものすごいです。
カンボジアでは1つの仕事を皆で力を合わせて!というイメージですかね。

・最後に



日本人でカンボジア現地企業に勤めている人には未だに出会ったことがありません!!
なので、なかなか貴重な経験をしているな〜と個人的に感じています!笑


日本の常識がほとんど通用しない中で毎日試行錯誤しています!
今までに縛られず柔軟に対応していくことで新しい価値観を吸収してオープンマインドな考え方を身につけて行きたいですね!!


これからも、


こんなのあり!!??
まじで??


というような出来事があり次第、記事にしていきたいと思います!!


それではまた!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カンボジア 暮らし
フォローする
目指せランキング1位!にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
目指せランキング1位!にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
Tomo's Blog
タイトルとURLをコピーしました