【カンボジア株】中国大手アパレルメーカーの工場が来月プノンペン経済特区にて稼働へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク



中国大手アパレルメーカーのカンボジア子会社であるマーベル・ガーメント(Marvel Garment Co.,Ltd.)が10月初旬からプノンペン経済特区にある工場を稼働させる準備が整ったとクメールタイムズが伝えました。


同社は日本市場へ向けて輸出されるマスクを生産するために5000人の労働者を募集しているとのこと。
コロナの影響で多数の工場ワーカーが職を失ったこともあり、今回の募集はアフターコロナのカンボジア経済を復活させる第1歩となることが期待されますね。

The factory clusters cover  43 hecatres of land. Up to  16 production areas are planned to be completed by 2021, which will then create an  17,000 job opportunities.

工場群は43ヘクタールの土地をカバーしています。最大16の生産エリアが2021年までに完成する予定であり、これにより17,000人の雇用機会が生まれます。

引用元:KHMER TIMES「Marvel Garment Co., Ltd. starts recruitment and preparation for operations in Phnom Penh Special Economic Zone」
翻訳:Google翻訳



現在プノンペン経済特区に登録している企業は108社で、稼働している企業は88社、準備中の企業が14社、稼働停止しているのは6社という状況です。


プノンペン経済特区社の株価はコロナ状況下で下落し現在は横ばいが続いていますが、今回の工場稼働のニュースを機にさらなる発展を期待したいところです。


それではまた!!

タイトルとURLをコピーしました