カンボジア最新情報発信中

【カンボジア観光】電車もあったの!?カンボジアの鉄道ROYAL RAILWAY CAMBODIAに乗ってみた

カンボジア
スポンサーリンク
スポンサーリンク



カンボジア旅行の移動手段として最もポピュラーなのはトゥクトゥクですが、いざ長距離移動となるとバスもしくは飛行機になります。
しかし、意外と知られていないのですがカンボジアの長距離移動手段として電車を利用することもできるのです!!


あまり利用されない主な理由としてはバスや飛行機よりも目的地到着までに時間がかかることなのですが、のんびりゆったりと移動したい人には意外と良い移動手段だったので今回は、


ROYAL RAILWAY CAMBODIAのチケット予約方法や注意点などを紹介していきたいと思います。


窮屈な空間が苦手な人や、移動中にパソコンで仕事をしたい人はお見逃しなく!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

・ROYAL RAILWAY CAMBODIAチケット予約方法



チケットの購入方法はオンラインと現地窓口の2種類です。


オンラインチケット予約はとても簡単でWEBサイトから出発地点と到着地点を選択して、クレジットカードもしくはPayPalで決済するだけです。


簡単に予約方法をみていきましょう。

・オンライン予約

必要事項を入力して「Search for Train」をクリック。

希望の時間を選択して「Select」をクリック。

希望座席を指定。

色々と必要情報を入力。

料金を確認後、支払い方法を確認して決済完了。
その後予約完了メールを受け取る。
ちなみにクレカ決済の場合は+2%の手数料が取られますのでご注意ください。


当日はチケット売り場をスルーして直接入場できます。
メールを見せれば入れるようですが、念の為印刷してきている旅行者の方も多くいました。

・現地窓口でチケット購入

オンライン予約時に空き座席が多くある場合は現地窓口にて直接チケットを購入することをおすすめします。


理由としては、オンライン予約だと無駄にクレジットカード手数料やAdmin Feeが取られるからです。


今回僕はオンラインで予約したのですが、システムエラーで決済ができなかったので窓口でチケットを購入しました。



窓口が1つしかないので若干並ぶことにはなりますが、手数料もAdmin Feeもかからないのでお得でした。
※出発の30分前には現地に到着することをオススメします。


窓口では行き先を伝えるだけでその場でチケットを渡してくれます。
このチケットは電車に乗ったあと車内で回収されるので紛失しないようにしましょう。

・駅の場所を確認



プノンペン駅



タケオ駅



カンポット駅



シアヌークビル駅




今回はシアヌークビル駅には行かなかったので写真はありませんが、ROYAL RAILWAY CAMBODIAの駅はこの4つのみのようです。

・注意事項と共有事項



日本の常識が通じないのが海外です。
注意点と共有事項をまとめたので電車を利用する際は必ず目を通しておいてください。

・意外と寒い 
 ブランケットや上着は必ず持っていくようにしてください。
・車内販売はあてにならない
 車内販売はありますが絶えず激混みです。食べ物や飲み物は持参した方が安心です。みんな車内で食べてるから心配なしです。
・トイレは意外と綺麗
 意外と綺麗だから安心です。
・時間にルーズ
 出発予定時刻の30分位は遅れることを覚悟しておいてください。
・座席指定は意味がない
 オンライン予約だと座席指定がありますが、当日は座席指定は関係なく適当に押し込まれます。



オンライン予約の時の座席シートの配置と実際のシートの配置が全く違かったので困惑しましたが、対面シートの方が広々と座れるので結果的によかったです!!


・最後に


電車移動のメリットとしては景色が綺麗なところや席間隔が広くてソファも柔らかいのであまり疲れないところです。
また、車体がレトロな感じなので電車好きにはたまらないかもしれません!!


時間に余裕のない場合はバス移動をオススメします。
片道どんなに高くても1500円程度でカンボジア国内どこにでもいけるのでとても便利です。
バスの予約方法は下の記事を参考にしてみてください!!



みなさん快適なカンボジア旅行をお楽しみください!!


それではまた!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カンボジア 観光案内
フォローする
目指せランキング1位!にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
目指せランキング1位!にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
Tomo's Blog
タイトルとURLをコピーしました