【高校生・大学生】アルバイト選びのコツ!!

シェアする

スポンサーリンク
  • やってみたいことを見つける
  • やったことのないこと
  • やったことのあること
  • アルバイトのサイトに登録
  • 募集要項をよく見る
  • 時には評判を調べてみる(実際に訪れてみる・利用してみる)

まずアルバイトを始める前に、

やってみたいことや週に何回何時間働きたいか、しっかり自分の気持ちを確認しましょう。

やっぱり学業やその他のことが忙しくて出られない、面接うかったけど別のところでやりたかったな、と後悔してもなかなか断りづらいですし、せっかく働く機会を与えてくれたアルバイト先に失礼です。

面接に行ったり電話したり、登録したりした時間も無駄になってしまいます。

最初に確認することで、数ある似たような募集の中からスムーズにアルバイト先を絞ることができます。

  • やってみたいことをみつける

アルバイトにもいろいろな種類があります。

飲食・アパレル・日雇い・事務系・教育系・販売・派遣・夜のお仕事などなど

どんな仕事がやってみたいか、ちょっと考えてみましょう

それはどんな理由でもいいと思います。やったことがないから、やってみたかったから、友人が働いたことがあると言っていたから、など

  • やったことのないアルバイト

自分の成長になる!これからこういった職業につくかもしれない!

新しいことをしてみたい!

こんな気持ちが心のどこかにある人は、そんな職業を選んでみてもいいかもしれません。

経験者優遇!と書いてある求人を多く見かけますが、これは、教えることが少なくて済むといいな、という会社側の希望です。あくまで希望なので、やったことがないから落とすなんてことはありません。

企業側は新人を育てる時間を用意しています。そして、経験者しか欲しくない企業は、こういった資格がないと、働けませんということをしっかり明記しています。

働きたいけど、やったことがないことでも興味があるなら恐れずに挑戦してみましょう!新しい自分を見つけられるかもしれません。

  • やったことのあるアルバイト

以前働いていた飲食が楽しかったな、前回のような仕事がしたいな、わからないことだらけは不安なので少し知識があるほうがいいな、

というひとは以前の職種で検索。お店が違えば挨拶もルールも違います。けれど知っていることがあったとき、自信をもって仕事に挑めますね!

前回の自分よりステップアップできるチャンスです。また経験者優遇と書かれた求人に応募すれば、普段より合格率もアップ!

未経験大歓迎と書いてあったら…?

だから経験者はいらないよ、というわけではありません。企業は常に新しい人も、知識を持っている人も欲しているのです。やる気とやったことがあることへの自信をもってアルバイトに応募しましょう!

  • アルバイトのサイトに登録

こんにち、数多くのアルバイトサイトが(求人サイト)があります。どこに登録しようかな、迷惑メールや電話が頻繁にきたら嫌だな、と思っている人は少なくないはずです。

手あたり次第登録すると混乱してしまいますし、余計な迷惑メールや電話も多くなってしまいます。

どのような職業につくかで、登録先は変わってきます。

おススメは↓

タウンワーク:947,777件掲載
インディード:749,332件掲載
バイトル:697,956件掲載
an:411,446件掲載
LINEバイト:407,874件掲載
マイナビバイト:202,957件掲載
フロムえー:202,465件掲載
シフトワークス:67,721件掲載

掲載件数順(2019年5月末時点)

少ないからおすすめしないというわけではありませんが、やりたいバイトの種類や豊富さで登録するサイトを絞ったほうがいいです。

掲載件数が多いほうがもちろん様々な種類のアルバイトを見つけることができますが、絞り切れなくてなかなか決まらないなんてこともあります。

また、求人サイトによっては、面接し合格が決まれば謝礼金が支払われたりと、サイトによってさまざまな特徴もあります。

手当たり次第の登録は、迷惑メールや電話の増加や、混乱をきたすので、サイト選びは慎重に行いたいものです。

また、見やすいという点ではバイトのアプリを入れるのもおすすめです。

  • 募集要項をよく見る

さてサイトに登録してもしなくても、アルバイト探しを始めます。

確認することは多数あります。

職種・時給・働く時間・働く日数・学生可不可・自宅や学校との距離(エリア)・入社祝い金などの特典・雇用形態・規定(服装や髪色など)

これであまりあてはまらないところに応募しても面接に受かる確率はかなり低いでしょう。

週5日働いてくれる人を探しているのに、週2日しか出れません。

夕方から夜にかけて働いてくれる人が欲しいのに、朝しか働けません。

など、応募するだけ時間の無駄です。しっかり確認しましょう。

またこのとき、そこで働きたいからと言って嘘を言ってもいけません。

受かったとしても、のちのち出られなくて気まずい思いをしたり、せっかく待遇がいいのにシフトを入れてもらえなかったりして長続きしません。しかもそこが、よく行くお店だったりしたら足も遠のきますし、気まずいですね。

  • 時には評判を調べてみる

さあ、様々な条件でアルバイトを検索ししぼれてきたところで

評判を調べてみるのもいいかもしれません。

アルバイトの検索サイトから見てもなんてすばらしい環境なのでしょう!というようなことしか書かれていません。

わざわざ、店長とスタッフの仲があまりよくありません。なんて書くところはないでしょう。

実際に働いた人の感想を聞いてみたり、そのお店の接客を確認しに行ったりしてみてもいいでしょう。そこで雰囲気の良い職場ということがわかれば、面接時に聞かれる志望動機も考えやすいです。

存分に迷って、絞り込んで、そして自分に合った素敵なバイトを探しましょう!

ちなみに筆者は

コンビニ・スーパー・派遣・日雇い・飲食・アパレル・清掃・夜のお仕事などあらゆる仕事に従事してきましたが、そのほとんどを求人サイトなどで見つけました。

中にいくつか、チラシや張り紙を見て、というのもありましたが

自宅近くであればそういったアルバイト先との出会いもあると思います。

手書きで求人を出しているお店は、スタッフと店長の仲が良かったり、すごく人に困っているという点でも働きやすかったりします。

手書きの求人を中心にする、という探し方をするのもいいかもしれません

手書きはお店の特徴が出ます。

スポンサーリンク
海外生活
にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング
PV
PVアクセスランキング にほんブログ村

シェアする

フォローする