Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!

【カンボジア経済】カンボジアの実質給与は2024年に2.2%増加する見込み

ニュース速報
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



給与、宿泊施設、税金、労働法、生活費、福利厚生、そして生活の質に関するデータを提供する有名な組織であるECAインターナショナルが発行した最新の給与動向レポートによると、カンボジアの実質給与は来年2.2%増加すると予想されています。

Kingdom’s real salaries set to increase 2.2 percent in 2024 - Khmer Times
The real salaries in the country are expected to grow 2.2 percent next year, according to the latest Salary Trends Repor...



実質給与はインフレに合わせて数値を調整して計算されます。
名目賃金上昇率からインフレ率を差し引いた平均実質賃金上昇率がアジアでは2.2%増加するとされ、アジア太平洋地域の労働者が2024年に最大の実質賃金上昇率を得ると予測されています。
※世界平均は1%増加


2024年実質給与増加予想ランキング(アジア太平洋地域)

順位実質給与増加予測(%)
1インド5.1
2インドネシア4.3
3中国4.1
4ベトナム3.6
5タイ3.4
6台湾2.5
7フィリピン2.3
7マレーシア2.3
7マカオ2.3
10韓国2.2
10カンボジア2.2

カンボジアはASEAN内で6位ですね。


カンボジアでは公共部門の賃金は民間部門よりも18.8%高いのですが、今後数年間で民間部門が急速に拡大することでこの状況は変わり、民間部門の給与は大幅に増加すると言われています。
その中でも、観光産業の主要な柱の一つであるホスピタリティ産業は、深刻な人材不足に直面しており、観光産業の成長も寄与して、この部門の給与は来年で少なくとも10%以上増加すると予想されています。


今年9月初旬にフン・マネット首相は繊維、アパレル、履物、旅行用品の労働者の最低月給を4ドル引き上げ、平均月給を204ドルにすると発表しました。



ここ10年でこの最低賃金も倍になって、生活が少しずつ豊かになり始めてきたと思います。
これからのカンボジアの経済成長に期待です。


それではまた!!

アクレダ銀行口座開設

カンボジ屋さん経由のお客様に限り!!
アクレダ銀行の郵送口座開設がコミコミで$980!!
※初期デポジット$100、カンボジア側公証役場認証費用、初年度の年間サポート費用込み

ニュース速報
フォローする
目指せランキング1位! にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
目指せランキング1位! にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
「カンボジ屋さん」カンボジア情報ブログ
タイトルとURLをコピーしました