Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!

【カンボジア経済】今がチャンスか!?隣国で大手Eコマース企業が躍動する中、カンボジアにはま注目が集まっていない

カンボジア
スポンサーリンク
スポンサーリンク



パンデミックによって引き起こされたオンラインショッピングの波は、東南アジア全体で企業の統合を進め、いかに大きなパイを取るかの競争をも引き起こしています。

E-commerce firms set sights on maturing before heavyweights enter the Cambodian market - Khmer Times
The online shopping wave set in motion by the pandemic, is seeing firms vertically integrate and compete for a larger chunk of the digital pie across Southeast ...



ユーロモニター・インターナショナルのデータによると、昨年カンボジアでのオンラインショッピングは全体のショッピングの約0.2%であったとのことです。
近隣諸国を見てみると近隣のラオス (0.5%)、ベトナム (3.1%)、タイ (8%)となります。


ラオス、ベトナム、タイに関してはEコマース市場が成熟しているため、ゴールドマン・サックスや中国の大手アリババなどの国際企業がこれらの市場への参入を視野に入れているようです。


一方で、カンボジアの市場は大手企業が参入を検討できるほど大きくないとNham24の創設者Chann Borima氏は語っています。
また、彼は大手国際企業が進出してくるにはまだ時間がかかるので、ベンチャー企業にもまだチャンスがあるとも述べています。


東南アジアは、世界で最も急速に成長している電子商取引市場なのは間違いありません。
しかし、カンボジアの電子商取引への支出は世界平均のわずか5%に過ぎないという現状です。
つまり、中流階級は急速に成長してスマホ普及率もかなり高いカンボジアには成長の余地がありすぎるくらいだということです!!


大手国際企業の進出前にカンボジアでEコマース事業を仕込んでおくのが良さそうですね!!


それではまた!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カンボジアニュース速報
フォローする
目指せランキング1位!にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
目指せランキング1位!にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
「カンボジ屋さん 」カンボジア情報ブログ
タイトルとURLをコピーしました