Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!

【カンボジア経済】2022年上半期の税収は今年の計画の70%に到達

カンボジア
スポンサーリンク
スポンサーリンク



経済財務省の国税総局(GDT)は、今年上半期に税の徴収が2022年の計画の70%に達したと述べました。

H1 tax income collection reaches 70% of 2022 plan - Khmer Times
The General Department of Taxation (GDT) at the Ministry of Economy and Finance said the tax income collection reached 70 percent of the 2022 budget law in the ...



GDTが2022年に計画している税収は28億1900万ドルで、計画の70パーセントは19億7300万ドルに相当します。
Kong Vibol事務局長は、今年の税収が計画を少なくとも10%上回ると予想されていると述べました。


カンボジアには、税金の徴収を担当する2つの機関があります。
1つ目は国税総局(GDT)で、所得税、給与税、付加価値税、固定資産税などの内国税に焦点を当てています。
2つ目は、関税総局(GDCE)で、国に出入りする商品にかかる税金を徴収します。
GDCEは、今年上半期に2022年の財政計画の50.1%に相当する12億9,300万ドルの税関収入を獲得しました。


税収はカンボジアの成長には欠かせないものですので、然るべきとことから健全に徴税をして国の発展と納税者へのサービス向上につなげてほしいですね!!


それではまた!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カンボジアニュース速報
フォローする
目指せランキング1位!にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
目指せランキング1位!にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
「カンボジ屋さん 」カンボジア情報ブログ
タイトルとURLをコピーしました