Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!

【カンボジア株】1番最初の上場企業プノンペン水道公社(PWSA)について調べてみた。

カンボジア
スポンサーリンク
スポンサーリンク



カンボジアの上場企業の情報調べたいけど、全部英語で読む気が失せる…
そう思いませんか??


そんなあなたのために!!
今回は、カンボジア史に名を刻んだ1番最初の上場会社プノンペン水道公社について日本語でまとめてみました。

カンボジア証券取引所(CSX)は2010年2月23日に設立され、
2012年4月18日にプノンペン水道公社[Phnom Penh Water Supply Authority (PWSA)]はCSX史上初の上場会社となりました。



簡潔にまとめたので、3分くらいでパパッと読めちゃいます!!


最後までお見逃しなく!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

・歴史



フランス領時代の1895年にフランスのCEEIという会社によってプノンペンに給水システムがつくられました。
これが現在のプノンペン水道公社の起源となります。


その後1960年の王令により正式に国営の水道会社として設立されました。
「Phnom Penh Water Supply Authority」と名付けられ今でもその社名が使われています。


1950年代〜1970年代に国外からの協力もあり給水システムは拡張していきましたが、内戦により給水システムはほぼ壊滅状態になってしまいました。


終戦後1993 年からJICAの支援によるインフラ整備事業の一つとしてプノンペンの水道事業の伸展が始まりました。


2004年にはプノンペンの水道水は飲用水としての水質基準をクリアし、「安全な水」として世界的に認められることとなりました。
プノンペンの給水システムがここまで回復したことを「プノンペンの奇跡」と表現されるほどの偉業だったようです。


僕は現在プノンペン在住ですが、確かに水道水は綺麗でうがい等で使用しても全く問題ありません。
東南アジアの中でも水道水に関してはシンガポールと同じくらい安心して利用できると言っても過言ではないですね!!

・基本情報


社名Phnom Penh Water Supply Authority(PWSA)
設立年1895年
産業分類[006101] Water Utilities
上場株式数86,973,162
上場株式の種類Common Shares(普通株式)
コードKH1000010004
上場日2012年4月18日
社員数1032人(2018年12月時点)

参照:CSX Company information

※プノンペン水道公社の筆頭株主は経済財務省(MEF)で85%の株を保有しています。


今後注目していきたいのは、プノンペン水道公社の高度な技術をカンボジア国内に限らず近隣諸国や他の発展途上国へ共有し支援することに力を注いでいるという点ですね!!


プノンペン水道公社HP

・事業について



とにかく多くのプノンペン市民に水道水を届けることがメイン事業です。


現段階でプノンペンの上下水道の普及率は100%ではありません。
むしろプノンペン郊外は屋根に水タンクを積んでいるのがまだ当たり前の世界です。
発展途上国ならではですが、定期的にプノンペン市の範囲が拡張していることも100%にいたっていない1つの原因だと思います。


プノンペン水道公社は3つのマスタープランによって普及率100%を目指しています。
・マスタープラン1(1993-2010)
・マスタープラン2(2005-2020)
・マスタープラン3(2016-2030)


つまり、計画ではあと10年で普及率100%を目標にしているのです。

引用元:プノンペン水道公社HP



現在のプノンペンの普及状況を示す図です。
クメール語で書いてあるため正確では無いのですが、
青ラインがプノンペン市の範囲を示していて、
赤ラインが普及状況では無いかと推測します。


引用元:プノンペン水道公社HP



この図を見てもらえればわかる通り、現段階では需要に供給が追いついていません。
むしろキャパシティーオーバーです。
供給キャパシティーが需要に追いつくのが2022年〜2024年くらいと言ったところでしょうか。


これからの事業ということですね!!

・財務諸表


引用元:CSX Company information
翻訳:グーグル翻訳



通過の単位はKHR(リエル)です。
1USD=4100KHRで計算すれば問題ないかと思います。
ちなみにEPS以外はMILKHR(ミリオンリエル)です。

【メモ】
PPE 有形固定資産
A/R 売掛金
A/P 買掛金
EBIT = 税引前当期純利益 + 支払利息 - 受取利息
(利息及び税金控除前利益)



財務諸表とか見たことも、なければ何が書いてあるかもわからなかったので絶賛勉強中です!笑


以下参考までに表でまとめてみました。

                  
項目2015201620172018
EPS(KHR)
(1株あたりの純利益)
654.79566.53380.21846.32
PER
(株価収益率)
9.89倍7.01倍7.03倍4.15倍
BPS(KHR)
(1株あたりの純資産)
5689.6340328953024
PBR
(資産対株価の正当性指標)
1.12倍0.83倍0.75倍0.72倍
ROE
(自己資本利益率)
7.49%6.14%3.99%8.47%
ROA
(総資本利益率)
4.73%3.87%2.49%5.24%
配当利回り3.00%3.90%3.99%5.18%
配当性向
(純利益配当割合)
23.30%28.24%40.50%25.71%
1株あたりの配当金(KHR)152.57159.99154.00217.60

参照:CSX Company information



より詳しい情報は参照元であるCSX Company informationから確認できます。


全て英語ですが、翻訳ツールなどを上手く活用して研究してみてください。

・最後に



上場企業調べてみましたシリーズはこれからも続けていこうと思っています。
全部で6社しかないので今のうちに研究しておけば楽ですからね!!


ちなみに情報収集はCSXのアプリからもできますのでチェックしてみてください。

PhsarHun
PhsarHun
開発元:Cambodia Securities Exchange
無料
posted withアプリーチ



しっかり調べてはいますが英語が完璧に理解できているわけではないので、多少のミスがあるかもしれません。
その点はご了承ください。


それではまた!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カンボジア株式投資
フォローする
目指せランキング1位!にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
目指せランキング1位!にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
「カンボジ屋さん 」カンボジア情報ブログ
タイトルとURLをコピーしました