Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!

【カンボジア株】計画は予定通り進行中!!2023年までにはプノンペン全域に綺麗な水を提供へ

カンボジア
スポンサーリンク
スポンサーリンク



プノンペン水道局(PWSA)によると、プノンペンの一部の地域ではまだ綺麗な水が提供されていませんが、2023年末までに住民に十分なきれいな水が提供される予定です。

Phnom Penh to have sufficient clean water supply by 2023 - Khmer Times
Some areas in Phnom Penh that currently do not have enough clean water, will have sufficient clean water for its residents by the end of 2023



ロングナロ長官は記者会見で、PWSAがバケン地域に2つのフェーズに分かれた水処理プラントを建設していると述べました。
現在、第1フェーズは70%完了しており、1日あたり約195,000立方メートルの生産能力があり2022年7月と8月に操業を開始するとのことです。
第2フェーズでも毎日195,000立方メートルを生産することができ、2024年の第1四半期の終わりまでに稼働する予定です。


プノンペンとタクマウの町の1日あたりの水消費量は現在80万立方メートルを超えていますが、PWSAによる給水量は1日あたりわずか60万立方メートルです。
バケンの水処理プラントが完成すれば、ついに供給が需要に追いつくことになりそうですね!!


この記事でも書いていますが、PWSAの計画では2022年〜2024年に供給が需要に追いつく予定になっているので、順調に計画は進行中のようですね!!



それではまた!!

タイトルとURLをコピーしました