最速情報は基本的にこちらで発信しているので、記事の見逃し防止と併せてどうぞ!!

【ASEAN経済】優秀な人材は東南アジアへ!?中国の大手ハイテク企業は東南アジアでの拡大に動きだす!!

カンボジア
スポンサーリンク
スポンサーリンク



中国の大手ハイテク企業は、国内での取り締まりや他の主要市場での圧力の高まりに直面しているため、シンガポールで拡大で事業を拡大しています。

Chinese tech giants expand in Southeast Asia - Khmer Times
Chinese tech giants are expanding in Singapore as they face a crackdown at home and growing pressure in other key markets – but they may struggle to find talent...



今後はシンガポールを起点に急成長中の東南アジアに焦点を絞って事業を拡大していく見通しのようです。
しかし、懸念点として優秀な人材の確保が挙げられています。


やはり、優秀な技術者が先進国ではなく東南アジアの成長国へと出ていく時代が近づいているのかもしれません。

自分の知識や高度な技術を少しでも早く実用化させたいという優秀な技術者たちの視線はより一層カンボジアのような受け入れに寛容な国へ向けられ、近い将来その実用化された最新テクノロジーを体感するために人々がそれらの国に集結し経済成長のスピードを加速させる可能性があるということです。

引用元:「カンボジ屋さん」



東南アジア拡大に動く主な中国企業は、
メッセージサービスとゲームサービスで有名なTencent、みなさんご存知TikTokで有名なByteDance、そしてeコマース巨大企業Alibabaなどです。


ドナルド・トランプ大統領時代のアメリカによる中国の大手ハイテク企業への攻撃は記憶に新しいところではないでしょうか。
また、アメリカだけでなくインドなどの他の国々の政府からの規制圧力と制裁にも直面しています。


そんな状況下で、シンガポールは中国や西側諸国との良好な関係を維持しており、どちら側も混乱させることなく事業を拡大するための安全な場所という地位を確立しています。
しかし、人口がわずか570万人であるこの都市での事業拡大における大きな課題は、やはり適切なスキルを持つ労働者を採用することです。


国内の教育で人材を賄うことには限界があるので、やはり今後優秀な外国の技術者の受け入れは加速していくことが予想されますね!!


それではまた!!

タイトルとURLをコピーしました