Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!

【カンボジア経済】2021年の外国直接投資は3.9%減少…しかし注目すべきポイントが!!

カンボジア
スポンサーリンク
スポンサーリンク



カンボジア国立銀行(NBC)が最近発表した金融スタビリティー報告書2021によると、2021年のカンボジアへの外国直接投資(FDI)の流入は35億ドルで、前年に比べて3.9%減少しました。

NBC records 3.9% decline in FDI inflow in 2021 - Khmer Times
The inflow of Foreign Direct Investment (FDI) into Cambodia in 2021 has been recorded at .5 billion, a decline of 3.9 percent compared to the previous year, s...



FDI全体の3分の1を占める金融部門は3%減少、非金融部門のFDIも4.4%減少し、特に減少が目立ったのは、宿泊施設への外資の流入(43%減少)、農業(22.3%減少)、通信(11.1%減少)となります。


しかし、製造業(21.3%増加)や建設業(1.1%増加)などの一部の部門では、2021年にFDIの流入が改善しました。
総FDI流入の4.3%を占める水力およびエネルギー部門は、2020年と比較して2021年に2.6倍の増加し、エネルギープロジェクトへのより多くの外国資本投資をもたらすという政府の努力の成功を示しています。


カンボジアではエネルギーコストの中でも特に、電気コストが高いことがFDI流入の妨げになっていますが、政府の努力によりこの問題が解決に向かうことで更なるFDI流入が期待できますね!!


2021年11月に政府による外国投資法改正もまた、外資の流入を後押しすることを目的としています。

新しい法律では、企業の100%の外国人所有、最大9年間の法人税の免除(最大支払法人税の20%への段階的な返還が続く)、人的資源および従業員の福利厚生の購入に対する150%の費用控除、義務が認められています。資本財の無料輸入、および資本の返還に対する制限はありません。

引用元:KHMER TIMES「NBC records 3.9% decline in FDI inflow in 2021」



2021年のFDI流入は減少していますが、エネルギー部門へのFDI流入の増加に関しては注目ポイントになりますね!!


それではまた!!

タイトルとURLをコピーしました