Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!

【カンボジア経済】気をつけろ!!急激な経済成長にはリスクが付き物。カンボジアの対策はいかに?

カンボジア
スポンサーリンク
スポンサーリンク



カンボジアはここ数年で急速な経済成長を遂げ都市化が進んでいます。
コロナショックで経済成長が低迷したものの最近は復活傾向で、アジア開発銀行によるとカンボジアの経済は2023年に6.5%成長すると予想されています。


しかし、この急成長には多大な損失があることも忘れてはいけません。
炭素ベースの燃料への依存度が高いことは、大気汚染と水質汚染の激化につながり、天然資源は急激に枯渇していきます。
また、国際移住機関は、カンボジアは地理的に環境ショックに対して脆弱であるため、カンボジアは国民の健康や安全の危機に近づいているとも述べています。

Cleantech in combatting climate change in Cambodia - Khmer Times
As climate effects threaten to reduce the country’s GDP by 10% by 2050, startups are developing solutions to encourage sustainability.




カンボジアでは、気候の影響により2050年までに国のGDPが10%減少する恐れがあると言われていることから、国内のクリーンテック新興企業はこれらの問題の解決策を追求しています。

クリーンテック新興企業

SUDrain
廃水管理のためにココナッツの殻から作成された環境に優しいフィルターを提供している企業。
作物の灌漑に利用可能なレベルまで廃水をきれいな水にリサイクルし、フィルムは3〜5年の使用後に分解されて肥料に変わる。

OkraSolar
ソーラーパネルとIoTハードウェアおよびAIソフトウェアを組み合わせて、集合している建物に効率的に電力を供給することができるシステムを開発している企業。
中央電源に依存することなく、ソーラーパネルからの距離に関係なく等しいエネルギーを分配することで低コスト配電を可能にする。

ATEC
カンボジア農村部の大多数の家庭では今でも調理に木材や枝葉などから作られるバイオマス燃料を使用しており、ATECは近代的でエネルギー効率の高いキッチンへの移行を支援している。
ATECが開発するバイオダイジェスターは、動物の糞尿と厨房廃棄物を調理用のメタンガスに変換するだけでなく副産物として有機肥料を生成する。
これらのバイオダイジェスターは、温室効果ガスの排出を削減し、化学肥料の使用量を減らし、キッチンに危険な煙が入らないようにするのに役立つ。

Cleanbodia
プラスチックの使用を減らすことを使命として、キャッサバ粉で作られた生分解性プラスチックバッグを製造しています。
Cleanbodiaのバッグは、通常のプラスチックが最大1000年かかるところ、水や土壌で5年以内に分解する環境に優しい代替品となっている。

【Eco-Plastic】
国の廃棄物問題に取り組むために設立され、廃棄されたプラスチックを従来のアスファルトコンクリートよりも手頃で強度の高い道路建設資材(プラスチックアスファルトコンクリート)として再生する企業。



このような新興企業がカンボジアの未来を担っていきそうですね!!
そして国際的な開発目標として最近よく耳にするSDG’sのために世界に羽ばたく企業がカンボジアから出てくることを期待したいです。


それではまた!!

タイトルとURLをコピーしました