Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!

【カンボジア生活】カンボジア首都プノンペンに旅行や移住を考えているあなたへ。物価の想像と現実のギャップを埋めておきましょう

暮らし
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



カンボジアってものすごく物価が安いイメージがあると思いますが、首都プノンペンに住んでみたり旅行に来てみたりすると、決して物価が安いとは感じないと思います。


もちろん、ローカルマーケットで買い物をしたり、ローカルアパートメントに住めばプノンペンでも日本と比べて生活費はかなり安く済みますし、プノンペン以外の地域で生活する場合も日本と比べて物価は安いと思います。


しかし、カンボジアの物価は安い!!物価は1/10くらいだろう!!という感覚のままカンボジアの首都プノンペンに来ると、想像と現実のギャップに驚いてしまうと思うので、旅行や移住の前にこの記事を読んでおいてもらえればと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東南アジアの主要都市との物価比較



最近、MUNBEOというサイトに出会いまして、このサイトはユーザーの口コミによって世界のあらゆる都市の物価や治安、不動産価格などの生活情報が集まるオンラインデータベースです。


MUNBEOから東南アジアの主要都市に絞って物価や家賃などの指数を抽出してみました。
順位は生活費指数でソートしていますが、プノンペンはなんと、タイバンコクに次いで3位になっています。

順位都市生活費指数家賃指数生活費プラス家賃指数食料品インデックスレストラン価格指数地域購買力指数
1シンガポール
シンガポール
85.578.882.377.358.590.8
2バンコク
タイ
44.418.732.147.022.828.8
3プノンペン
カンボジア
42.713.828.944.327.416.0
4ケソンシティ
フィリピン
41.210.626.541.420.726.6
5プーケット
タイ
40.121.731.341.126.825.1
6パタヤ
タイ
39.312.626.545.923.526.3
7セブ島
フィリピン
39.19.625.042.620.818.6
8マニラ
フィリピン
39.116.128.140.324.326.0
9ダバオ
フィリピン
37.17.422.936.020.326.6
10クアラルンプール
マレーシア
36.112.224.740.923.868.5
11チェンマイ
タイ
33.79.622.239.215.834.4
12ホーチミン
ベトナム
33.714.024.336.518.327.4
13ジャカルタ
インドネシア
33.213.623.837.018.529.8
14ペナン
マレーシア
33.110.322.239.819.965.9
15ハノイ
ベトナム
33.111.322.635.616.633.7
16ジョホールバルマレーシア32.97.120.540.019.056.1
※2023年12月時点
※このウェブサイトで提供される生活費指数はニューヨーク市(NYC)との相対的なものであり、ニューヨーク市を基準指数100%として各都市の数値が算出されています。
引用元:NUMBEO



あくまでもユーザーの口コミからの評価という点と数値が頻繁に変わることに注意が必要ですが、実際に生活していても日本の生活基準をプノンペンで維持しようと考えたら上の表の通り意外とお金が掛かるという印象です。


皆さんの印象だとカンボジアの物価は日本の1/10や1/5というイメージがあるかと思いますが、特に首都プノンペン(特に中心部)においてはそのイメージはもう通用しないというのが現実です。
ちなみに東京のデータはこちらです。

順位都市生活費指数家賃指数生活費プラス家賃指数食料品インデックスレストラン価格指数地域購買力指数
比較東京
日本
61.830.847.071.739.589.6
※2023年12月時点

生活費を抑えたいと考えている方は、プノンペンではなくその他地域の移住がいいかもしれませんね。

リアルな生活費



リアルな生活費の記事を以前書いたことがあります。
2020年頃に書いた記事なので、あくまでも参考までにという感じです。



また、ライターのジマさんが生活費に関しての記事を書いてくれているので、こらも参考にしてみてください。



結論】家賃こみでプノンペンで一人暮らしをするためには$500〜$750はかかりそうです。
現地に溶け込もうと思えば、$200程度〜でも生活は可能だと思います!!

最後に



プノンペンは局地的に物価が高いという面もあると思うので、この数値がカンボジアのスタンダードではないということは頭に入れておいてください。


僕自身、国内旅行をしていて地方はプノンペンよりも物価が安いというのを肌で感じています。
特に家賃に関しては大きな乖離があると思います。


旅行や移住では物価が高いのはネガティブにとらえられるかもしれませんが、カンボジアの住みやすさやビザの取りやすさ、自然や観光地の魅力など考えると総合評価は高いと感じています。
是非一度は訪れて欲しいところです!!
リピート間違いなしです!!


また、ビジネスや投資目線で考えれば、この物価が成り立っている首都プノンペンには大きなチャンスがあるのかもしれません!!


それではまた!!

アクレダ銀行口座開設

カンボジ屋さん経由のお客様に限り!!
アクレダ銀行の郵送口座開設がコミコミで$980!!
※初期デポジット$100、カンボジア側公証役場認証費用、初年度の年間サポート費用込み

暮らし
フォローする
目指せランキング1位! にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
目指せランキング1位! にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
「カンボジ屋さん」カンボジア情報ブログ
タイトルとURLをコピーしました