Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!

【カンボジア不動産投資】上場REITの誕生なるか!?カンボジア証券取引規制当局(SERC)が不動産投資信託に関するワークショップを実施

カンボジア
スポンサーリンク
スポンサーリンク



カンボジア証券取引規制当局(SERC)と不動産事業および質屋規制当局(RPR)は最近、不動産市場でより安全な投資を促すための集団投資スキーム(Collective Investment Scheme)に関するワークショップを実施しました。
集団投資スキーム(Collective Investment Scheme):証券投資信託や不動産投資信託等にあたる

SERC and RPR conduct workshop on collective investment scheme - Khmer Times
The Securities and Exchange Regulator of Cambodia (SERC) and the Real Estate Business and Pawnshop Regulator (RPR) recently conducted a workshop on a collective...



このスキームは、RPRとSERCの両方に不動産開発プロジェクトを登録することにより安全な投資を提供し、投資を促進するのに役立つとのことで、小規模投資家は上場プロジェクトの株式を購入できるようになるとのことです。


つまり、今後投資家はカンボジア証券取引所に上場した不動産投資信託(REIT)を購入できるようになるかもしれないということですね!!
急成長の可能性を秘めたカンボジア不動産ですが、リスクを感じる人は多いと思います。
しかし、リスクを最小限にして、先ずは小口で投資できるようになるということはカンボジア不動産投資への間口を広げることになるのですごく楽しみです!!


なんと言ってもこのスキームの最大の魅力は、不動産所有に制限のかかる外国人が不動産を購入することなく株式を通じてカンボジア不動産に投資できるということです!!
今まで信託サービスを利用した不動産投資方法もありましたが、参入障壁は高かったので、これを機により多くの投資家からカンボジアが注目されることを期待したいです!!


カンボジア商工会議所(CCC)の副社長であるLim Heng氏は、このスキームは今年の終わりに開始される予定であるとクメールタイムズに語っているので、その時を首を長くして待っていたいと思います!笑


また、Heng氏は、
”将来的には、登録された不動産開発プロジェクトで株式を取引するためのアプリケーションが開発される可能性があります”
と語っています。


つまり、現行のCSXの株式売買専用のモバイルアプリまたはMTSを利用した売買ではなく、REIT専用のアプリが誕生する可能性があるようです。
これは面倒くさいので、ぜひ現行のシステムで売買できるようにしてほしいところです…



情報が更新され次第、また記事にしますのでお見逃しなく!!


それではまた!!

タイトルとURLをコピーしました