Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!

【カンボジア生活】カンボジアは2023年1月1日より新しい所得税の基準を導入

カンボジア
スポンサーリンク
スポンサーリンク



カンボジアは、政令196の下で2023年の新しい所得税の基準を導入しました。
この政令は、物理的な個人、個人事業主、およびパートナーシップによるパートナーの分配シェアによって得られる課税所得に対する税率、常駐の従業員による毎月の課税対象給与に対する税率を決定します。

Cambodia’s Income Tax thresholds for 2023 revised and released - Khmer Times
Cambodia has introduced new income tax thresholds for 2023 under Sub-Decree 196.



新しい基準値は、2023年1月1日から有効になります。

個人、個人事業主、およびパートナーシップの所得の税率表
課税所得金額(リエル) 課税所得金額(米ドル概算)
※1米ドル=4,100リエルとして計算
税率(年率)
0~18,000,000 0~4,390 0%
18,000,001~24,000,000 4,390~5,853 5%
24,000,001~102,000,000 5,853~24,878 10%
102,000,001~150,000,000 24,878~36,585 15%
150,000,001以上 36,585超 20%
居住者の従業員に対する給与の税率表
課税対象給与金額(リエル) 課税対象給与金額(米ドル概算)
※1米ドル=4,100リエルとして計算
税率(年率)
0~1,500,000 0~365 0%
1,500,001~2,000,000 365~487 5%
2,000,001~8,500,000 487~2,073 10%
8,500,001~12,500,000 2,073~3,048 15%
12,500,001以上 3,048超 20%

※こちらの表はクメールタイムズの記事から抜粋したののですので、詳細に関しましては専門家にご相談ください。


カンボジアの税金関係に関してはジェトロカンボジアで詳しく確認することができます!!


給与税基準の変化としては、税率0%になる課税給与額の上限が1,300,000リエルから1,500,000リエルへ引き上げのみでしたね!!


個人や、個人事業主などの所得に対する基準に関しては、今までジェトロには“個人事業主等については、課税所得に応じた累進税率(0~20%)が、別途規定されている。”とだけ記載されていたので、詳細が判明して良かったです!!


カンボジアでは日本の税法に似ているところもあれば、基本的に月次申告である点や、経費に関する規定が日本とは違ったりするので、カンボジアで事業を行う場合は専門家に相談しながら納税することを強くお勧めします!!


それではまた!!

タイトルとURLをコピーしました