カンボジア最新情報発信中

【カンボジア株】どうなるプノンペン経済特区社!?自社株買いは12月中旬予定!!

カンボジア
スポンサーリンク
スポンサーリンク



プノンペン経済特区社(PPSP)は取引所とその規制当局によって承認された場合、12月中旬に自社株買い計画を開始および実行するとクメールタイムズが報じました。

PPSP share buyback planned for mid-December - Khmer Times
Phnom Penh Special Economic Zone (PPSP) will commence and execute its share buyback plan in the middle of December



PPSPはパンデミックの影響で財政不振に陥り、株価が過去最低を何度も更新している厳しい状況が続いていますね。


以前の記事で述べたように、


自社株買いは発行株式数を減らし「1株当たりの利益を増やす」ことで株価水準が高くなることが期待されます。
また、配当金の総支払額を減らす財務戦略の一環としても行われるので期待したいところではあります。


株価上昇の材料が自社株買いだけであれば短期的に株価は上がるかもしれませんが、結局元通りのパターンもありるので購入するのであれば慎重に!!


と考えていたのですが、僕が購入した後も株価は下がり続けています…
しかもかなり!笑


長期保有前提で購入していますが、今回ばかりは自社株買いの後の動きを見て1度売却することも考えています。



カンボジアにもコロナ第二波が来ていますが、インデックスに関しては少しずつ復活しているのでぼちぼち買い増しの時期かもしれませんね。


それではまた!!

タイトルとURLをコピーしました