【英会話を独学で学ぶ/初心者向け】高校までの英語知識でとにかく英語喋ってみた話

シェアする

スポンサーリンク

導入文に関しては私が1年間海外で生活してみて、英語を喋るということに関して考え方が変わった話を書いていきます。
正直私の英会話力は英検準二級レベルらしいのでバリバリ英語話したいんだけど…という方は力になれないかもです…ごめんなさい。
英語を喋ることに興味はあるけど、課金するレベルじゃない。
今は無料で勉強できればいい。
そんな方には参考になると思います!!
そんな話はいいから俺に英語を喋らせてみろ!!!
という方は導入文は飛ばしちゃってください!笑
それではどうぞ!!!



皆さん英語を喋るって、


流暢にスラスラと喋ることだけ!だと思っていませんか?


私も最初はそのイメージでした。


日本にいると、英語を喋るのは


帰国子女のエリートたち!!
海外留学帰りの意識高い人たち!!


私は高校まで読み書きにの勉強はしてきたけど、喋る練習はしていないから英語わかりません。。。
日本人は英語を喋る勉強をしてこなかったから、喋れないのは当たり前。


勝手にこんな気持ちになってませんか?


実際に私が海外で1年間生活してみて感じたことは、

英語が伝わる=喋れる



英語で物事や気持ちを伝えるのには、日本で勉強してきたことがとても役立ちました。
流暢に英語を喋るには時間がかかるかもしれませんが、伝えるために喋る英語は学校で習ってきた英語を駆使しすれば割とすぐに習得できると思います。


話が変わりますが、


🚗→This is a car.


これが一瞬でできれば英語は喋れるんじゃないかと思います。


皆さんの英語を喋れるというハードルを極限まで下げてください。
実際いきなりビジネスで使える英語は習得できませんが、日常生活でお喋りするぐらいのレベルにはすぐに到達します。


だって考えてみてくださいよ!!
あなたは2〜3歳くらいの子供達と日本語で会話をしますよね?
逆にいうと2〜3歳の子達は皆さんとお喋りできますよね?


それって英語も同じでよくないですか??
外国人の方々が「ありがとう」「これいくらですか?」とか話していたら日本語喋れる!!!って思いますよね?


私の英語の知識は大学受験でストップしています。
今もその知識レベルですが、英語を使ってなんとか生活しています。


正直、人に英語を教えるとかそんなレベル感ではないですが、


自分のペースで勉強して英語を喋れるようになりたい!!
いつか英語で外国人の方々と喋ってみたい!!


そんなあなたに1番寄り添えると思っていますのでこの記事を書きます。


こんな話はよく聞くよ。
頭ではわかってんだよ。


こう思う方もハードルを下げることは本当に意識してください。
僕は頭ではわかっていたのにここまでハードルを下げるのに半年以上かかって、英語の上達スピードがかなり遅れてしまいました。


しかし、私がたくさん遠回りをして少し英語が喋れるようになった、精神面・実践面のちょっとしたコツを共有できればと思います!!


英会話教室に通ったわけでもない、完全自己流の東南アジア英語ですが、きっとあなたの役に立つと思います。

スポンサーリンク

・日本での勉強はちゃんと役立つ!?



英語を喋る練習をしていないのに、いきなりアメリカ人みたいに流暢に喋れるなんて夢物語は存在しません!笑


日本語を喋れるようになった過程と同じことをしよう!!笑
そう思って、


5W1H・助動詞(Will・Can・Must等)・Wantをとにかく駆使して1文作ることを意識しました。
何個かパターンができればこっちのものです!!


私の場合、英語を喋る際に1番の壁になったのは、

文法を意識しすぎる



文法的に綺麗に喋ろう!
と意識しすぎて、結局3ヶ月間「Yeah」しか喋らずに生活することとなりました。(今思い返すとすごく勿体無い、、、)


伝わればオッケーという意識が最初は大切なんじゃないかと思います。


それでは、これめっちゃ使うぜ!!っていう僕のボキャブラリー紹介しちゃいます!

【ボキャブラリー】
・I want to 〜(動詞) 〜したい
・I can 〜(動詞) 〜できる
・I will 〜(動詞) 〜するつもりだ
・I must(have to)動詞 〜しなければならない
・Can I 動詞〜? 〜してもいいですか?
・Can you 動詞〜? 〜できますか?
Canは「許可」だったり「お願い」で使うことが多いような気がします。
・How many/much/long/often/far (名詞)疑問文〜? 
量、時間、回数、距離がどのくらいかききたい時
・Why not?/! 
【否定】なんでダメなの? 【賛成】〜しない理由がないぜ!=もちろん!
・What kind of 〜(名詞)? どんな種類の〜なの?
・This one これ
・Which one? どれ?
・How to〜(動詞) 〜する方法
・Let me know 教えて(知らせて)ください!
・about〜 〜について
・as well 同様に



私の口癖的な要素も多いですが、このパターンを自分でアレンジできればある程度伝えたいことは伝えられるんじゃないかと思います!!
最初は単語の羅列でも伝わることが重要なので、最低限の形だけ頭に入れて置くのが大切だと感じました!!


なんだよ誰でも知っている中学生英語じゃねえか!!
ナメンナヨ!!


そう思うじゃないですか?
意識していないと意外とすぐには出てこないんですよこれが!!


【例】
「私は病院に行きたい」
I want to go hospital.

「これください」「これいただいてもいいですか?」
Can I have this one?

「どのくらいこの国に住んでいますか?」
How long have you lived in this country?←文法的に◎
How long you live in this country?←これでも伝わる


知識として知っておかなければわからない文章もありますし、自分の知っている単語と組み合わせてうまくアレンジできるものもあるので、

知識を蓄えつつアレンジ力を鍛える



これであなたも一緒に英会話力を高めていきましょう!!

・文章と文章をくっつける!?



伝えたいことを1文で表現することはできるようになったけど、もうちょっと「英語話せる感」が欲しいな…
ってかもう少し外国の方々と長くおしゃべりしたい!!


少し英語に慣れてきて、外に出たり、電話で会話するのが怖くなくなってきたあたりからこんな欲が出てきました!笑


どうやったらいいんだ?
と考えた時、
文章と文章の接着剤があればちょっと長く喋れるんじゃない??


そう思って、みんなが会話中にどのような接着剤を使っているか注目することにしました。


そこで見えてきた頻出接着剤を紹介します。

【接着剤】
・① because ②     
    → ① その理由は ②

・① so ②        
    → ① だから ②

・① that’s why ②    
 → ① だから ②

・① after that ②    
    → ① そのあと ②

・① and then ②    
   → ① それから ② 

after ① , ②     
    → ① のあとに ②

before ① , ②    
    → ① の前に ②

if ① , ②       
  → もし ① なら ②

even if ① , ②    
    → たとえ ① でも ②

when ① , ②     
    → ① (する)時 ②



私しらべですが、ここら辺の接着剤がよく使われているイメージです!!


【例】
「私は病院に行きたいその理由は頭が痛いからです」
I want to go to hospital because I have a stomachache.

「私はお腹が痛いから病院に行きたい」
I have a stomachache. That’s why I want to go to hospital.


同じ意味の文章ですけど、日本人的には2番目の文章の方が言いやすいのではないでしょうか?


【例】
「家に帰った後、病院へいく」
After I go back home, I go to hospital.
I go back home. After that, I go to hospital.
I go to hospital after I go back home.


全て同じ意味ですが、個人的には2番目の「After that」の文章が1番言いやすいです。ちょっとフランクな言い方かもしれませんが。


私はこのように自分の喋りやすいようにアレンジして、咄嗟に言いたいことを言えるように練習しています!!


・会話でよく聞く!雰囲気がでるワード



皆さんもちょっと長く喋れるようになったらスパイスを加えてより英語喋れるぞって雰囲気を出していきましょう!!


雰囲気って意外と大切で、なんとなく自信を持って喋れるようになるのでオススメです!笑

【雰囲気が出るワード】
・exactly まさに、その通り!
・actually 実際に、本当に
・obviously 明らかに


exactlyは「その通り!」のように一言で返事をするときに使えるのでボキャブラリーに入れておくと便利かもしれません。

【例】
That’s exactly right!! まさにその通り!!

I actually went to hospital. 私は本当に病院へ行った。
Actually, I went to hospital. 実際に私は病院へ行った。

He is obviously crazy. 彼は明らかにクレイジーだ。


この3つは結構会話で出てくるので要チェックですね!

・てかリスニング忘れてない?



そうなんですよ。
リスニングが1番大変なんですよ!笑
だから後回しにしてました…


僕は幸い、日常的に英語を聞いているので少しずつ慣れてきていますが、日本で生活していたら意識しないと英語を耳にすることはほとんどないですよね。


でも、朗報です。


本気で話を聞こうとすれば高校までの英語の勉強でなんとか聞き取れますよ!!
英語ってだけで拒否反応が出ているだけです。


聞き取れなかったら魔法の言葉「パードゥン?」の登場です!笑
分かるまで聞き返しましょう!!だって会話したいじゃん!


精神論だけ語ってんじゃね〜と言う声が聞こえてきたので、無料でリスニングの勉強ができるツールを紹介します!

VOA learning English


これアプリもあるので便利です。
めっちゃゆっくりニュースを読んでくれるので初心者にとって最高です。


お金をかけたくない人はこれでいいと思います。
てか、リスニングはこれでいいんじゃないかな!?
今はYouTubeもあるし、リスニング教材買う必要ないと思います。

【関連記事】


・最後に



ここまで偉そうに書いてきましたが、私自身まだまだ未熟な英会話力ですw


これからゆるーく英語勉強しよう!!
初心者だけど今からでも大丈夫かな?
もうすぐ定年退職だから海外移住考えているんよ!!


こんな人たちの味方です!!笑
私自身の英会話成長記録でもあるので暖かく見守ってください。


楽しく能動的に英会話力身につけましょう〜!!

・おさらい

【ボキャブラリー】
・I want to 〜(動詞) 〜したい
・I can 〜(動詞) 〜できる
・I will 〜(動詞) 〜するつもりだ
・I must(have to)動詞 〜しなければならない
・Can I 動詞〜? 〜してもいいですか?
・Can you 動詞〜? 〜できますか?
Canは「許可」だったり「お願い」で使うことが多いような気がします。
・How many/much/long/often/far (名詞)疑問文〜? 
量、時間、回数、距離がどのくらいかききたい時
・Why not?/! 
【否定】なんでダメなの? 【賛成】〜しない理由がないぜ!=もちろん!
・What kind of 〜(名詞)? どんな種類の〜なの?
・This one これ
・Which one? どれ?
・How to〜(動詞) 〜する方法
・Let me know 教えて(知らせて)ください!
・about〜 〜について
・as well 同様に

【接着剤】
・① because ②     
    → ① その理由は ②

・① so ②        
    → ① だから ②

・① that’s why ②    
 → ① だから ②

・① after that ②    
    → ① そのあと ②

・① and then ②    
   → ① それから ② 

after ① , ②     
    → ① のあとに ②

before ① , ②    
    → ① の前に ②

if ① , ②       
  → もし ① なら ②

even if ① , ②    
    → たとえ ① でも ②

when ① , ②     
    → ① (する)時 ②

【雰囲気が出るワード】
・exactly まさに、その通り!
・actually 実際に、本当に
・obviously 明らかに

スポンサーリンク
ランキング
目指せランキング1位! にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
PV
PVアクセスランキング にほんブログ村

シェアする

フォローする