Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!

【カンボジア経済】世界最大の自由貿易協定であるRCEPがついに発効 !!

カンボジア
スポンサーリンク
スポンサーリンク



世界最大の自由貿易協定である地域包括的経済連携(RCEP)が2022年1月1日土曜日に正式に発効したとクメールタイムズが報じました。

World’s largest free trade agreement, RCEP comes into force - Khmer Times
The Regional Comprehensive Economic Partnership (RCEP), the world’s largest free trade agreement, officially came into force on Saturday.



この協定は、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国の6か国(ブルネイ、カンボジア、ラオス、シンガポール、タイ、ベトナム)と中国、日本、ニュージーランド、オーストラリアの10か国で先行的に発効しました。
ASEAN事務局の声明によると、韓国との協定は2月1日に発効するとのことです。


ついにこの時がきましたね!!
カンボジアでもすでに動き出している企業があります。


中国のHimore Automobileは、2024年までにカンボジアに自動車工業団地を立ち上げることを計画しています。
また、HimoreAutomobileは2019年にカンボジアで事業を開始しましたが、関税引き下げによる追加利益に期待しているとのことです。


昨年、同社は300台以上の中古車を海外に輸出していまして、それらの22%は東南アジアの市場に参入し、多くはカンボジアで販売されました。
カンボジアでは電気自動車の需要が高まっているので、潜在的な市場として各国のディーラーが今後カンボジアに注目し始めるかもしれませんね!!


P.Pとシアヌークビル間の高速道路の建設も終盤に差し掛かっているので、経済成長に期待できそうです!!


それではまた!!

タイトルとURLをコピーしました