Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!

【カンボジア株】なぜアクレダ銀行株が下落しているのか?

カンボジア
スポンサーリンク
スポンサーリンク



11,000人のACLEDA銀行の従業員がカンボジア証券取引所(CSX)で会社の株式を取引できるようになるというニュースによって、水曜日からアクレダ銀行の株価が下落しています。

ACLEDA share prices slide after approval for employee share selling given - Khmer Times
The news that 11,000 ACLEDA Bank employees will be able to trade their shares in the company on the Cambodia Securities Exchange (CSX), drove the bank’s stock p...



ACLEDABankの株価は、スタッフによる株の売却が承認されたと発表された後、水曜日には3.06%下落して1株あたり14,600リエルとなり、木曜日には10%下落して13,140リエルとなりました。


ACLEDABankの最高法務責任者であるButhBunsayha氏は「取引量を増やすことは良いことであり、このまれな機会を通じてACLEDA銀行に投資したい投資家に機会を与えます」と述べています。


ACLEDA Staff Association Plc(ASA)は、同社の2番目に大きな株主です。
その大口株主の売却が承認されたことにより、ACLEDA銀行の株式の4%が証券取引所で直接取引できるようになりした。


アクレダ銀行の株価大暴落によって、他の銘柄も引きずられている感が否めないです…
つい最近の記事で約1年間のカンボジア株の報告をしましたが、大幅に保有株の含み益はダウンしております笑


とはいえ、今が買い増しのチャンスだと思いますので、タイミングをみて買い増ししていこうと思います!!


それではまた!!

タイトルとURLをコピーしました