Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!

【カンボジア不動産】不動産開発の波がプノンペン郊外へ向かう!!

カンボジア
スポンサーリンク
スポンサーリンク



ChbarAmpov、Meanchey、Por Sencheyエリアは、ほんの数年前までは不動産開発の波から取り残された場所でしたが、現在は不動産開発業者から関心を集めています。

Por Senchey soon-to-be retail hub in Phnom Penh - Khmer Times
Phnom Penh’s suburban districts continue to see the property market’s outward expansion.


Chbar Ampov地区は現在ではボレイやコンドミニアムの開発地として人気のエリアです。
高級ボレイ等の建築が進んでいるというイメージです!!

Meanchey地区はフンセンブルバードの完成とイオンモール3の発表以来、不動産価値が高まるにつれて人気エリアとなっています。
地元企業のオフィス場所として人気であったり、商業施設が最近多く建設されているイメージです。

Por Senchey地区は、一般人口調査2019によるとプノンペンの総人口の10%を超える約227,000人の居住者が住んでいるエリアで、土地面積でもプノンペン最大の地区となります。
プノンペン国際空港があるエリアとしても有名で、最近だとリングロードの建設により注目を浴びているエリアでもありますね!!


この3地区が次のカンボジア不動産の注目エリアになるとクメールタイムズは述べています。
個人的には、やはりPor Senchey地区が一番期待できるのでは?と思ったりしています。


という感じで、これからのカンボジア不動産はプノンペン郊外に注目していきましょう!!


それではまた!!

タイトルとURLをコピーしました