Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!
厳選カンボジア情報

カンボジアの経済、定期預金、株、不動産、移住、「もっと早く知っておけば...」こんな後悔をする前にこの記事を読んでおいてほしいです。
今カンボジアを知ることは、あなたのとてつもない財産になるかもしれません!!

記事を読む

不動産

カンボジア

【カンボジア不動産】下落を続けるプノンペンの不動産価格…現在の市場価格の中央値を発表

CBREの第2四半期のマーケットビューレポートによると、プノンペンの不動産市場は2021年第1四半期と比較してハイエンド市場価格が-9.12%下落し、一般向け市場価格は-4.87%の下落であったとのことです。 価格の下落...
カンボジア

【カンボジア不動産】未来の家IoTスマートハウスがもうすぐそこまで来ている!?

カンボジアの大手通信会社Smart Axiataは電子機器メーカーのNINEと共同で、セキュリティカメラ、煙探知器、Wi-Fi電球、Wi-Fiリモコンなどのさまざまな新しいIoTデバイスの発売を発表しました。新しいテクノロジーにより、顧客...
カンボジア

【カンボジア不動産】外国人がカンボジアで住宅ローンを利用できる!?

急成長するカンボジア経済は多くの外国企業の進出を促進させていて、それに伴いカンボジアは多くの駐在員の故郷となってきています。また、この駐在員増加の流れは不動産セクターの発展にも影響を及ぼしております。 一般的に現在のカン...
カンボジア

【カンボジア不動産】手頃な価格の住宅を開発するディベロッパーに対して政府は免税等の措置を検討してる

政府はカンボジア国内にさらに最大100万戸の持続可能で手頃な価格の住宅を建設するよう奨励しているとクメールタイムズが報じました。 この政策は、国土管理都市計画建設省の住宅総局長であるBenghong SocheatKhe...
カンボジア

【カンボジア不動産】これは期待してしまう!!シンガポールの不動産会社PropNexがカンボジアへの進出を発表!!

シンガポールの不動産会社PropNexは、カンボジアへの地域拡大を発表しました。これは、マレーシア、インドネシア、ベトナムに続いて、ASEAN市場への4番目の海外ベンチャーとなります。 東南アジア不動産業界で15年近くの...
カンボジア

【カンボジア不動産】二極化が加速!?コンドミニアム市場の未来は未だ不透明のまま

大手不動産コンサルタント会社であるCBREカンボジアは、クメール正月の前に2021年第1四半期の市場レポートを発表しました。 レポートによると、コンドミニアム販売市場はハイエンドが4.8%の上昇、ローエンドが3.5%の上...
カンボジア

【カンボジア不動産】2020年の建設部門の減退を数字で見る

クメールタイムズが2020年のカンボジア建設部門の減退を記事にしていたのでまとめていきます。 2019年比・承認された建設プロジェクトの価値32%減少→約77.5億ドル・承認された建設プロジェクト総面積27%減少→...
カンボジア

【カンボジア不動産】もはやチャンスなのでは!?観光地カンポットの地価が大幅に下落

KWカンポット不動産の支店長であるKeoSocheat氏によると、観光地で有名なカンポット州の地価は2020年の初めに急上昇した後、新型コロナウイルスの流行により50%も下落したとのことです。 カンポットの都市または隣接...
カンボジア

【カンボジア不動産】CBREカンボジアのマネージングディレクターがカンボジア不動産について語っていたのでまとめます

クメールタイムズのBrianBadzmierowski氏がCBREカンボジアのマネージングディレクターであるJames Hodge氏にインタビューをしていたのでその記事をまとめて行きます!! James Hodge氏はイ...
カンボジア

【カンボジア不動産】やはり駐在員の減少が痛手か…サービスアパートメントの供給は増え需要は減る

プノンペンのサービスアパートメントは2020年の後半に供給が急増しましたが、コロナの流行により駐在員が減少するとともに需要も減少しているとクメールタイムズは報じました。 2020年下半期にカンボジアの不動産を分析した不動...
タイトルとURLをコピーしました