Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!
厳選カンボジア情報

カンボジアの経済、定期預金、株、不動産、移住、「もっと早く知っておけば...」こんな後悔をする前にこの記事を読んでおいてほしいです。
今カンボジアを知ることは、あなたのとてつもない財産になるかもしれません!!

記事を読む

不動産

カンボジア

【カンボジア不動産】課税の基準があった!!建設が中断されているコンドミニアムには固定資産税が課税されるのか?

税務総局(GDT)の関係者によると、コンドミニアムプロジェクトが課税対象となるかどうかは2つの条件によって判断されるとのことです。 課税基準 【課税対象外】法律によると、コンドミニアムまたは建築物の完成がが80%未満であり、かつ占有...
カンボジア

【カンボジア不動産】Makro3号店はChroy Changvarにオープンか!?

プノンペンのSenSokとシェムリアップに大型ショッピングモールを展開するタイのMakro(MakroCambodia Co. Ltd)によると、3店舗目のMakroオープンにかかる費用は1270万ドルと推定されていて、Chroy Cha...
カンボジア

【カンボジア不動産】2021年のカンボジア不動産への海外直接投資は50億ドル近くに達する

2021年の不動産セクターへの外国直接投資は合計49億米ドルで、建設セクターは16億米ドルの投資を受けました。 カンボジア国立銀行の報告によると、中国からの投資は総投資額180億米ドルでトップにランクされ、そのうち不動産...
カンボジア

【カンボジア不動産】違法建設がなくなる!?土地管理省が無許可での建設を禁止へ

土地管理省がカンボジアの技術者委員会に、管轄当局の許可なしに技術者が建設や解体作業を行うことを禁止するように指示したというニュースをクメールタイムズが報じました。 このニュースは、本日、土地管理・都市計画・建設大臣のチー...
カンボジア

【カンボジア不動産】不動産オーナーは注意!!近いうちに固定資産税QRコードシステムが導入される!?

経済財務省の税務総局は、不動産部門の納税の透明性を強化することを目的として、納税済みの不動産にラベルを付けるシステムを開発中であるとクメールタイムズが報じました。 このシステムには、投資家によって開発された不動産や個人所...
カンボジア

【カンボジア不動産】マジか!!メイバンがPengHuothと提携し革新的な住宅ローンを提供!!

マレーシア系のMaybank(Cambodia)Plcと国内でも有名な開発プロジェクトであるBorey Peng Huothが特別住宅ローン契約に署名し、建設中の住宅への魅力的な住宅ローンを顧客に提供すると発表しました!! ...
カンボジア

【カンボジア政治の基本情報】カンボジアへの投資は安全か!?政治を知ることでカントリーリスクを見極める!!

新興国への投資において注意するべきポイントに「カントリーリスク」という言葉がよく出てきます。カントリーリスクとは、その国の政治・経済・社会情勢の変化によるリスクのことを言いまして、2021年に起きた隣国ミャンマーの軍事クーデターや、202...
カンボジア

【カンボジア不動産】海外からの注目増加!?旧正月以降のカンボジア不動産市場に期待が集まる

カンボジアの鑑定人および不動産業者協会(CVEA)の会長であるChrek Soknim氏によると、カンボジアの不動産市場は2022年、特に旧正月以降かなりの成長を遂げ、外国人投資家が30〜40%増加すると見込まれています。 ...
カンボジア

【カンボジア不動産投資】出口戦略のためにも!!今のカンボジアの住宅ローン事情についてまとめてみた

一般的には、住宅ローンが整備されることで住宅需要が安定的に増え、不動産の価値が上昇していくとされています。 これはカンボジアも例外ではなく、実際に多くの不動産ディベロッパーが金融機関と提携して住宅ローンを提供することで、...
カンボジア

【カンボジア不動産】国道11号線の開通により国道沿いの地価が上昇!!

国道11号線の建設が2021年後半に完了して以来、道路周辺の地価が上昇していることをカンボジア最大のオンライン不動産求人ポータルであるRealestate.com.khが確認しているとのことです。 道路の建設は2017年...
タイトルとURLをコピーしました