Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!

【カンボジア経済】アジアの発展途上国で1番!?カンボジアは債務危機のリスクが少ない!!

カンボジア
スポンサーリンク
スポンサーリンク



カンボジアはアジアのすべての開発途上国の中で最も債務対GDP比率が低く、2028年までに38.1パーセントでピークに達し、2030年までにGDPの約37パーセントで落ち着くと予想されます。

Cambodia at ‘low risk of debt distress’, says ADB - Khmer Times
Kingdom has the lowest Debt-to-GDP ratio of all developing countries in Asia, which is expected to peak at 38.1 percent by 2028 and settle at around 37 percent ...



アジア開発銀行によると、カンボジアは依然として「債務危機のリスクが低い」状態にあり対外債務総額は2022年にはGDPの36.2%、2023年には37.1%であると予測されていて、管理可能なレベルであるとのことです。


カンボジアは2つの方法で調達される対外借入に大きく依存しています。
その2つの方法とは、ADB、IMF、世界銀行などの多国間機関からの借入、二国間(中国がほぼ半分を占める)での借り入れです。
この借入に対するGDPの比率が低いということは対外借り入れが効率的に経済成長を促しているということになりますね!!


また、経済財務省は2022年の財務管理法案の一環として、カンボジア初の3億ドル相当の国債を発行することを約束しました。
この資金は主に公共プロジェクトの支援のために利用されるとのことです。


カンボジアの中国化を心配する声や、デフォルトを心配する声もありますが、現時点では大丈夫そうですね!!


それではまた!!

タイトルとURLをコピーしました