【カンボジア株の基本情報】素人がカンボジアで株買ってみようと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



東南アジアの株式市場ってちょっと興味ありませんか?


東南アジアの経済成長がすごい!!
東南アジアは不動産投資で儲かるらしい!!


少なからずこんなことを耳にしたことがあると思います。
僕は実際に東南アジアのカンボジアに住んで経済成長を肌で実感しています。
1年前と今とでは街の様子、景色が全然違います!!
(いつの間にか高層ビルが増えている…驚愕)


そんな経済成長めまぐるしいカンボジアで生活していて、ふと株式市場ってどうなんだろう!?と思い調べてみると、
まだ歴史も浅く、上場企業数も少ないという事実が判明!!


え??チャンスなんじゃない??


と思い、ど素人ですがカンボジアの株を買ってみることにしました。
(はい。興味があるとすぐにやっちゃう人)


とはいえ、知識なし!スキルなし!なのでしっかり勉強してこのブログにアウトプットしていこうと思います。


今回はカンボジア居住者の僕がカンボジア株の基本情報口座開設に関して書いていきます!!
しっかり調べた最新情報なので参考にしてみてください!!


手数料はかかりますが、日本からでも書類の郵送で銀行口座開設、証券口座開設が可能なのでお見逃しなく!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

・カンボジア株の基本情報



カンボジア証券取引所設立には韓国取引所が大きく関与しています。


2009年3月、カンボジア王国政府と韓国取引所は、株式市場を設立するための「合弁事業契約」に署名し、韓国取引所の力をかりることが決まりました。
その後、カンボジア経済金融省が登録資本の55%を保有し、韓国取引所は残りの45%を保有するという形で2010年2月23日にカンボジア証券取引所が設立されました。


カンボジア証券取引所は歴史が浅く現在上場企業6社とかなり少ないですが、年々海外からの投資家が増え、出来高も上昇しています。

上場企業5社はすべて2018年に堅調な業績を示し、2018年1月2日の3億3880万ドルだった株式時価総額は、今年2月7日までに5億6560万ドルと大幅に増加した。クメールタイムズ紙が報じた。

引用元:カンボジア上場企業5社 堅調な業績により株価高騰[経済]



早いうちに目をつけておくのが良さそうですね!!

・証券会社



カンボジアにはCSXという証券取引所があり、証券会社を通じて上場企業の株を売買することができます。


CSXのメンバーシップである証券会社は10社あり、日本に馴染みがあるのはこの2社ですかね。

SBI Royal Securities Plc
みなさんご存知のSBIです!!日系企業で唯一証券事業のフルライセンスを取得しています。
アクレダ証券株式会社
国内最大の商業銀行であるアクレダ銀行の100%子会社。アクレダ銀行の株式を日本の企業である三井住友銀行とオリックスが合計30%以上保有していることで有名な銀行です。



日本人の方々が証券口座を開設するのであればこの2社から選ぶのがいいと思います。
僕は最近、アクレダ銀行の口座開設と証券口座開設の手続きをしてきました。
もうすぐで口座開設完了すると思います!!
※無事に口座開設は完了して現在は取引を開始しています!!

【アクレダ銀行の取引手数料】

株式証券取引
1回の売買にかかる手数料 0.50%~0.55% ミニマム4000 KHR(約110円)
債券取引
1回の売買にかかる手数料 0.21% ミニマム5000 KHR(約138円)


・上場企業一覧


No. 上場企業 上場日
プノンペン水道公社
Phnom Penh Water Supply Authority (PWSA)
2012 年 4 月 18 日
2 グランドツィンズインターナショナル
Grand Twin International Plc (GTI)
2014 年 6 月 16 日
3 プノンペン自治港
Phnom Penh Autonomous Port (PPAP)
2015 年 12 月 9 日
4 プノンペン経済特区
Phnom Penh SEZ Plc (PPSP)
2016 年 5 月 30 日
5 シアヌークビル港湾公社
Sihanoukville Autonomous Port (PAS)
2017 年 4 月 25 日
6 アクレダ銀行
ACLEDA Bank Plc (ABC)
2020 年 5 月 25 日
7 ぺステック・カンボジア
Pestech(Cambodia) Plc (PEPC)
2020 年 8 月 12 日



直近ではカンボジア最大手銀行のアクレダ銀行が上場し話題になりました。
1年で1社上場するかどうかなのでかなりスローペースですが、着実に実例が増えているので、どこかのタイミングで一気に上場会社数が増える可能性はあると思います。
楽しみですね!!

・取引について


カンボジア証券取引所(CSX)
取引日 月曜日~金曜日(祝日除く)
時間 8:00am~3:00pm
通貨 リエル(KHR)
決済日 取引日の2営業日後 ※1
値幅制限 基本価格の±10% ※2,3
最小取引単位 1株
値決め 8:00am~9:00am , 2:50pm~3:00pm(板寄せ)
9:00am~2:50pm(ザラバ)
注文方法 メール・電話・オンラインなど



※1
決済日は取引日の2営業日後になりますが、2日待つことなく売却済みの現金を利用して株を購入することができます。


※2
新規株式公開(IPO)の最初の取引価格は、IPO価格(カンボジア証券取引委員会(SECC)に登録されている開示文書で決定)の90%から150%以内です。


※3
基本価格は前日の終値であり、基本価格が200 KHR未満の場合1日の価格変動は10 KHRになります。


カンボジアではUSDが基軸通貨として日常で利用されていますが、株購入は現地通貨のリエルのみとなりますのでご注意ください。

・税金について


対象者 キャピタルゲイン 配当
非居住の外国人 課税なし 最初の3年間は7%(その後14%)
外国人居住者
(年間183日以上滞在)
課税なし 課税なし



非居住の外国人でもキャピタルゲインに課税なしというのはありがたいですね。
しかし、非居住者の方は日本側の税金がどうなるのかは専門家の人に確認を取っておくことをオススメします。


※2021年1月よりキャピタルゲイン税(税率20%)の徴収実施予定です。
※2022年1月に延期しました。

・口座開設



カンボジア証券取引所(CSX)の現金決済代理店は、以下の4行になります。

・アクレダ銀行
・カナディア銀行
・BIDC 銀行
・CAMBODIAN PUBLIC 銀行



この中でオススメはアクレダ銀行とカナディア銀行です。
両行ともカンボジア最大級の銀行であることと、100%子会社の証券会社を持っているからです。


ちなみに僕は前述した通りアクレダ銀行で銀行口座と証券口座を開設しました。
現地に住んでいて、現地企業に勤めているので口座開設のハードルはかなり低いです。


以前記事にしたABAバンクの口座開設と同じような手順です。

アクレダ銀行に関しては口座開設の基準が結構厳しく、外国人の場合ワークパーミットが必要になってきます。
旅行がてら窓口に1人で行って口座開設してみよう!!というのはできなくなってしまいました…


しかし!
口座開設サポートセンターにお願いすれば外国人でも観光ついでに口座開設できますし、なんなら日本にいながらでも郵送で銀行口座と証券口座が開設できちゃいます。
手数料はかかりますが。


アクレダ銀行のUSD定期預金の金利は、5年定期で6.5%なので定期預金と株式投資のハイブリット投資なんかいいのではないでしょうか?
口座開設手数料をすぐに回収できそうです。


「アクレダ銀行 口座開設」でググればサポートしている会社は山ほど出てくるので検索してみてください。
相場は銀行口座のみであれば現地口座開設で$500、郵送口座開設で$1000くらいですね。
証券口座開設も一緒にとなると相当分の金額が上乗せされます。


口座開設費用をかけたくない!!
現地に行って1人で全部やってやる!!
という人には、
カナディア銀行の口座開設とSBIロイヤル証券の口座開設のセットがいいと思います。


僕が知っている限りではどちらも日本人のスタッフさんがいて、日本語対応可能だったはずです。
経験談なのですが約半年前にカナディア銀行で口座開設した時は観光ビザとパスポートで銀行口座開設できるとのことでした。
※頻繁にルールは変わるので、あらかじめメールで連絡をして必要書類等を確認することをオススメします!!

カナディア銀行
SBIロイヤル証券

・最後に



恥ずかしながら、


株式投資って、安く買って高く売れば儲かる!!
くらいの知識しかなく、しっかり勉強したことがなかったです。


別にたくさんお金を持て余してるわけでもないので無縁だと思っていた世界ですが、教養として勉強しておけばいつか役に立ちそうですね!!


今後「カンボジアの株」についても記事にしていきますので定期的に遊びにきてくれると嬉しいです!!


最後まで読んでくれたあなたにちょっとだけ朗報です!!
アクレダ銀行の口座開設サポートセンターに知り合いがいます。
口座開設に興味のある方はお繋ぎしますので、このブログのお問い合わせからご連絡ください。
もちろん日本語対応です。

【次はこの記事へ!!】

【定期預金に興味のある方はこちら】

タイトルとURLをコピーしました