Follow me!!「毎日1分」急成長国から学びを得る!!

【カンボジア経済】総合的な成長へ!!カンボジアの総債務に占める中国の債務割合が減少

ニュース速報
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク



中国は2023年時点で41億1000万ドルと引き続きカンボジア最大の債権国でありますが、他の資金源からカンボジアへの債務資金が増えたため、カンボジアの総債務に占める中国の未払い債務の割合は2022年の40%から2023年には36.7%に減少したとのことです。

China continues as Cambodia’s largest creditor with .11 billion - Khmer Times
China continues to be Cambodia’s largest creditor with .11 billion as of 2023, followed by the Asian Development Bank ...



カンボジアの債務状況(2023年)

順位名前金額割合
1中国41億1000万ドル36.7%
2アジア開発銀行(ADB)23億ドル23.6%
3世界銀行13億ドル11.8%
4日本12億ドル11.2%
5韓国5.7億ドル5.1%
※日本と韓国の金額は元記事に記載がないため概算



中国以外からの債務が増加し、中国が圧倒的一強であった状態から少しずつ変化が出てきていますね。
また、先週、世界銀行がカンボジアへの融資として約2億7500万ドルを承認したことからも2024年の数字にも更なる変化が見えてきそうです。


借入先が多様化しているということはカンボジアにとって良いことかと思いますが、中国からの追加融資が減ってくるとなると話は変わってくると思うので、今後の推移には要注意かと思います。


世界銀行は最近の報告書では、政府の優先事項に大きな変化があったと述べられています。
10年前は、融資は国内のインフラ整備プロジェクトのみに充てられていましたが、現在では、教育と医療の向上のための融資が増えていることが指摘されています。
融資の拡大により、より総合的な成長が可能になっていいくとこを期待したいですね!!


また、この債務はリスクが低く管理可能であると言われている一方で、米ドル建ての対外公的債務は総債務残高の46%(2023年時点)にまで増加していて、世界情勢や米連邦準備制度理事会のドルに関する決定に左右されるリスクは依然として残っているとされています。
中国からの融資が多いカンボジアですが、意外にも人民元建て債務は総債務残高のわずか11.3%に留まります。


カンボジアは、これからの発展のために多くの資金を調達する必要があるので、政府の動きにはより一層注目していきたいと思います。


それではまた!!

友だち追加
アクレダ銀行口座開設

カンボジ屋さん経由のお客様に限り!!
アクレダ銀行の郵送口座開設がコミコミで$980!!
※初期デポジット$100、カンボジア側公証役場認証費用、初年度の年間サポート費用込み

ニュース速報
フォローする
目指せランキング1位! にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
目指せランキング1位! にほんブログ村 海外生活ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました