【カンボジア株】上場企業ぺステック・カンボジア(PEPC)について調べてみた。

シェアする

スポンサーリンク



みなさんお待ちかね、
カンボジアの上場企業調べてみましたシリーズ第7弾、2020年アクレダ銀行に続いて上場したぺステック・カンボジア[Pestech (Cambodia) Plc.(PEPC)]について調べてみました!!


GTIに続く外資系2社目ということもあり、カンボジア株式市場を賑わせてくれることを期待したいですね。


毎回恒例、3分で読めちゃうので是非お見逃しなく!!

スポンサーリンク

・歴史



ぺステック・カンボジア[PESTECH (Cambodia) PLC]は2010年にプノンペンに設立されました。


ぺステック・カンボジアはPESTECHは、マレーシアの証券取引所であるBursa Malaysia Securities Berhadのメインマーケットに上場している、PESTECH International Berhadの完全所有子会社です。


また、2017年に子会社であるPESTECH(Myanmar)Limitedをミャンマーに設立しており、ぺステックグループは東南アジアを中心に統合電力技術会社として活躍しています。


カンボジアでは現在進行しているものも含めて6つのプロジェクトを行なっています。

・基本情報


社名Pestech (Cambodia) Plc.(PEPC)
設立年2010年
産業分類Power
上場株式数74,945,000
上場株式の種類Voting Shares(決議権付株式)
コードKH1000140009
上場日2020年8月12日
社員数109人

参照:CSX Company information

※ぺステック・カンボジアの筆頭株主はPESTECH International Berhadで94.74%の株を保有しています。


ぺステック・カンボジアHP

・事業について



ぺステック・カンボジアのサービスは、送電線と地下ケーブルの設計、エンジニアリング、設置、動作確認、試運転がメインで、加えて資材や機器の調達、配線、電源ケーブルの竣工、プロジェクト全体の管理等、この分野のすべての依頼を受けることができます。


さらに、トランスミッションアセットセグメントのBuild-Operate-Transfer(BOT)モデルと発電所セグメントのBuild-Own-Operate(BOO)モデルも引き受け可能で、総合的な電力技術を提供することでカンボジアで現在の地位を築いてきました。

現在進行中のプロジェクトは

  • Okvau Gold Mine Project 230kV Grid Connection Project
  • Development of 230kV Stung Tatay HPP – Phnom Penh Transmission System Project

完了済みのプロジェクトは

  • Development of 115kV Siem Reap – Oddor Meanchey Transmission Line And 115/22kV Oddor Meanchey Substation And 230/22kV Bek Chan Substation Project
  • Development of 230kV & 500kV Phnom Penh – Preah Sihanouk Transmission System BOT Project
  • Development of 230kV Kampong Cham – Kratie Transmission System
  • Phnom Penh – Kampong Cham Transmission Project, Cambodia

詳しくはぺステック・カンボジアHPのプロジェクト概要で確認してみてください。

・財務諸表


引用元:CSX Company information
翻訳:グーグル翻訳



通過の単位はKHR(リエル)です。
1USD=4100KHRで計算すれば問題ないかと思います。
ちなみにEPS以外はMILKHR(ミリオンリエル)です。

【メモ】
PPE 有形固定資産
A/R 売掛金
A/P 買掛金
EBIT = 税引前当期純利益 + 支払利息 - 受取利息
(利息及び税金控除前利益)



まだ情報が少ないですが、参考までにまとめます。

                          
項目 2016 2017 2018 2019
EPS(KHR)
(1株あたりの純利益)
434.00 (2.81)
PER
(株価収益率)
BPS(KHR)
(1株あたりの純資産)
PBR
(資産対株価の正当性指標)
ROE
(自己資本利益率)
27.29% (0.24%)
ROA
(総資本利益率)
5.01% (0.03%)
配当利回り
配当性向
(純利益配当割合)
1株あたりの配当金(KHR)



より詳しい情報は参照元であるCSX Company informationから確認できます。


全て英語ですが、翻訳ツールなどを上手く活用して研究してみてください。

・最後に



1年間に2社の上場というのはカンボジア証券取引所(CSX)史上初めてのことです。
これをキッカケにカンボジア株式市場がさらに盛り上がることを期待したいですね!!


以下アプリでカンボジア株情報が入手できるので是非ダウンロードしてみてください。

PhsarHun
PhsarHun
開発元:Cambodia Securities Exchange
無料
posted withアプリーチ



それではまた!!


【合わせて読みたい】

スポンサーリンク
海外生活
にほんブログ村 海外生活ブログへ
ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング
PV
PVアクセスランキング にほんブログ村

シェアする

フォローする